世界トップクラスの選手との2ショット写真。世界有数のスタジアムでのVIP試合観戦。超一流による非公開練習の見学。サッカーメモラビリア専門ブランドであるザ・ダグアウトの幅広いネットワークを活かし、夢のようなワールドクラスの体験を実現するチャリティーイベント。これまで数々のクライアント様のリクエストに応じ、唯一無二のエクスペリエンスが実現してまいりました。そして、この度クライアント様のご厚意により、その舞台裏を綴った体験記をお寄せ頂きましたので公開致します。長年の夢を叶えたイベントの一部始終をご覧下さい。

          
 


一生に一度の最高の思い出
2018年10月5日(金) T.F.様ご提供

世界ナンバーワンのメッシ選手に一度は会いたいと決意したのが約10年前。その間、何度もスペインを訪れ、試行錯誤しながらあらゆる手を尽くしましたが実現には至らず。時には涙することさえありました。そんなある日、メッシ選手の公式メモラビリアを販売するダグアウトさんの面会イベントの存在を知り、すぐに申し込みました。半信半疑の気持ちもありましたが、他に可能性がなく、家族とも話し合い思い切って決断しました。

それから数か月後、日程確定の連絡が届き、航空券とホテルを自分で予約し、ダグアウトの社長さんとバルセロナで合流しました。具体的な日時は直前にしか決まらないと伺っていたので、本当にあのメッシ選手に会えるのか不安な思いは尽きませんでした。

 

宿泊先から撮影したカンプノウ

現地入りして3日目には試合観戦が組まれており、人生初のホームゲームを観戦しました。スタジアムへ入場し、手渡されたチケットの席へ向かうと、そこはなんとホームスタンド、センターラインど真ん中の最前列シートでした(その時々によって変わるそうでラッキーでした)。もう興奮を抑えきれず、年甲斐もなく声を枯らしていました。試合は辛くもジローナとドロー。それでもメッシ選手のゴールを目の前で観ることができたのは最高の瞬間でした。
 

大迫力の中央最前列から撮影

試合の興奮が冷めやらぬままホテルに戻ると、メッシ選手との面会は翌日か翌々日になると知らされました。いよいよかと思うと同時に、一気に心拍数が上がっていくのを感じました。その夜は時差ボケの影響もありましたが、緊張してほとんど寝られませんでした。

翌朝になるとメッシ選手がFIFA THE BESTの授賞式に渡英するため、1日ずれることが告げられました(後に授賞式の欠席を発表)。いよいよメインイベントが翌日に迫り、その日もあまり寝られませんでしたが、簡単な注意事項を確認し心の準備を整えました。

”過去に何度か外から眺めたことのあるこの施設内に入れるのかと思うと、本当に感無量でした。”

イベント当日の朝、ついに時間が確定したと伝えられました。定刻になると注意事項を再度確認し、タクシーに乗り込みバルサの練習施設である「シウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペール」へ出発。もうすぐ憧れの選手に会えると思うと緊張が最高潮に達し、顔がこわばるのが分かりました。施設に到着するとゲートには何人ものサポーターがいました。過去に何度か外から眺めたことのあるこの施設内に入れるのかと思うと、本当に感無量でした。
 

ジョアン・ガンペール練習場の入口にて撮影

ダグアウトさんとパスポート画像を提示し、1軍の施設にチェックインを済ませると、セキュリティの方に指定された場所で待機を命じられました。待ち時間はほんの数分でしたが、これまでの思いが走馬灯のように駆け巡り、永遠のようにも感じられました。口の中は乾き、手も汗ばみ、そわそわしていると急に扉が開き、あのメッシ選手が現れました。練習前に時間を作ってくれたようで、少し急いでおられましたが、快く記念写真に応じていただき、息子の帽子などにサインをしていただきました。
 

10年越しの夢がついに実現した瞬間

数分間のことでしたが、時間の感覚を忘れ、本当に現実なのかを直ぐに認識することができませんでした。帰り際に少し冷静さを取り戻すと、目に涙が浮かびました。過去10年にわたり何度も繰り返し見てきた夢が本当に実現したことを実感した瞬間でした。

”まさか本当に世界一の選手が自分のためだけに時間を取ってくれるとは思いませんでした。”

宿泊先に戻ってからもしばらく頭は茫然とし、次第にこらえていた涙腺が一気に崩壊しました。まさか本当に世界一の選手が自分のためだけに時間を取ってくれるとは思いませんでした。こんな素晴らしい企画を実現してくれたダグアウトさんには心の底から感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。諦めないで今回のイベントで勝負して本当に良かったです。ありがとうだらけになってしまいますが、ダグアウトさんがいなければ叶える事は出来なかったと思います。ものすごく大変なお仕事ですが、これからも日本の夢を持つサッカーファンの希望であり続けてください。今回は本当にありがとうございました!
 

ページトップへ