サッカーメモラビリアでとりわけ人気が高い選手支給・実使用ユニフォーム。選手が実際に試合で着用するために制作されており、オーセンティックモデル(市販向けアスリート仕様)とも異なる本格的なプロ仕様となっています。最高のパフォーマンスを発揮できるよう快適性を追求し、細部にまでこだわった作りはハイブランドの衣服を彷彿とさせる仕立てとなっています。中でもピッチの汚れが付着した未洗濯の実使用ユニフォームは、選手の息づかいが感じられ、その臨場感から人気は高く、プロサッカー選手にも多くのコレクターが存在しています。

近年はサッカーの世界的な人気の上昇から、こうしたユニフォームの需要が高まる一方、年々精巧な贋物(がんぶつ)が増加している現状があります。モデルチェンジが早い昨今では、常に最新の情報収集が求められるため、判別が非常に難しくもなっています。

今回はレアルマドリードが10度目のチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げた13/14シーズンのモデルをベースに、真贋の判別方法をご紹介いたします。


【選手支給ユニフォームの確認ポイント】
*レプリカとの比較ではなく、選手支給の贋物との相違点です。

 

’慳明乎呂料悩

選手支給の生地は、温かさを感じる風合いの柔らかさが特徴です。目を近づけると水平に伸びる波線の起伏がより鮮明となっています。平らな質感の贋物と並べて比較すると判別できますが、単体では一見違いが判らないほど精巧に再現されています。離れて撮影された画像では違いが確認できないため、接写された画像を確認することが望ましいといえます。

▲汽ぅ塞週の色

選手支給の場合、肉眼でもサイズ表記の内容を判読しづらいほど、白色に近い灰色で圧着されています。カメラで撮影した場合はほとんど見えません。一方、贋物の場合は異なる工場で生産されているためか、インクの配合が異なり、かなり濃度が高いことが分かります。サイズ表記の画像を見て、サイズが簡単に読み取れる場合は要注意です。本物の選手支給は目を近づけても光の加減で見づらくなるほどの薄さです。

アディダスのロゴの圧着

右胸に位置するアディダスのロゴ。贋物は選手支給とは異なる劣化した設備で圧着されているようで、インクのノリが一定ではなく、境界線付近を中心にムラが発生しており、生地の凹凸が浮き出てしまっています。拡大した画像でない限りは判別できないため要注意です。

【実使用ユニフォームの確認ポイント】

 

ー農犬篥イ良嫦

激闘の記憶を最も受け継ぐ”未洗濯”のユニフォーム。選手同士の交換、親族への贈呈、チャリティへの寄付など、様々な形で”洗濯”を免れた希少な逸品です。しかし、単に芝生や泥が付着しているだけでは、選手支給と価値はさほど変わりません。大切なのは鮮明な試合映像や画像を分析し、細かな位置がはっきりと照合された場合に限ります。

 

袖バッジの位置

洗濯されてしまったユニフォームでも、正しい資料が整えば、実使用であるかどうかの検証は可能です。アディダスのユニフォームの場合、肩の3本線を基準に、袖バッジの位置を確認します。袖バッジは手作業で圧着されるため、かならず個体差が生じています。前後半でユニフォームが変わっている場合も一目瞭然です。

折りジワ

他の衣類と同様に、選手支給ユニフォームも畳んだ状態でチームに納品されます。そのため、ユニフォームを開いた時には、折りジワがしっかりと刻まれています。これにも個体差があり、シワのつきやすい脇下や裾付近を詳細に見ると判別が可能です。折りジワは全く同じように再現することができないため、もっとも確証を得やすいポイントです。

な舛琉銘

13/14シーズンのホームモデルの前面の生地には等間隔で水平方向に通る太い二重線があります。この二重線の位置はユニフォームごとに異なるため、アディダスロゴ、エンブレム、スポンサーロゴの3点との位置を照合することで、どの試合で着用されていたかが分かります。

以上が贋物を避けるために必要な最低限の確認ポイントになります。

 

贋物は高級時計や骨董品のように高額で希少価値のあるジャンルで往々にして出回ります。年々精巧な贋物が増える中、的確な分析を行うためにも常日頃からの情報・資料収集が必要ですが、専門家でない以上は限りがあります。

 

贋物を避けるための最も分かりやすい有効な指標としては、相場に対して”割安”と感じた場合はかなり注意が必要といえます。もしこうしたユニフォームがめぐってきた場合は、先述の確認ポイントをすべてチェックして頂き、時間を掛けて吟味してください。本稿がコレクション拡充に上でわずかでも一助となることを願っております。


https://www.the-dugout.jp

Images: As specified

Text: The Dugout


最終更新日:2015年10月15日 17:50

ページトップへ